【Discord】Python版音楽bot(Musicbot)の使い方

ここでは、Python版音楽bot(Musicbot)の使い方について説明します。

導入方法の記事はこちらになります。

基本的な操作方法

はじめにbotを起動します。

起動する前に、MusicBotフォルダ内の「update_dependencies.bat」をダブルクリックして、botのアップデートをします。YouTubeの仕様変更は頻繁にあるので、数日に一度程度行うと良いでしょう。

もしも「”CPCH”は内部コマンドまたは~」というエラーが出るようでしたら、こちらのファイルを上書きしてください。

あとはMusicBotフォルダ内の「runbot.bat」をダブルクリックして実行するだけです。

自動的にコマンドプロンプトが立ち上がり、オプションが表示されたら起動完了です。

このMusicbotは、bot本体が起動していなければ音楽を再生することができません。コマンドが動かない・再生できない等あったら、まずbotが正常に起動しているかどうか試してみてください。

最後に、サーバー内の任意のチャンネルで !summon というコマンドを入力し、Enterを押してください。

このようにVC内にMusicbotが入ってきたらOKです。

あとはテキストチャットでコマンドを送信することで、botを操作します。下のコマンド一覧を表示してください。

終了する際は、 !shutdown コマンドです。

コマンド一覧

全員使えるコマンド

!help ヘルプを表示します(英語です)
!play <URL/検索ワード> 指定したURL・検索ワードで再生します
!queue 現在再生リスト(キュー)に入っている曲を一覧表示します *1
!np 現在再生中の音楽を表示します
!skip 現在再生中の音楽をスキップします
!search [サービス名] [数] <検索ワード> 指定したサービスで、指定した数の検索結果を表示します
!shuffle 現在再生リスト(キュー)に入っている曲をシャッフルします
!clear 現在再生リスト(キュー)に入っている曲を消去します
!pause 再生を一時停止します
!resume 一時停止を解除します
!volume [0-100] ボリュームを0から100%で指定します
!summon 現在自分が接続しているVCにbotを接続させます
!clean [数] botがテキストチャンネルに送信した文字を指定した数の分だけ消去します
!blacklist [@ユーザー名] 指定したユーザーをブラックリストに追加し、キューに追加できなくします
!stream <URL> YouTube LiveやTwitchの配信をリアルタイムに再生します
!save 現在再生中の曲をオートプレイリストに追加します

 

*1: 検索はyoutube/soundcloud/yahoo の3サイトのみ対応しています。例: !search soundcloud imas remix

Admin(管理者)だけが使えるコマンド

!joinserver botを他のサーバーに招待するリンクを発行します
!pldump <YouTubeのプレイリストURL> YouTubeのプレイリストURLからそれぞれの動画URLリストを出力します
!setavater <画像URL> 指定したURLの画像にアイコンを変えます
!setname <名前> 指定した名前にbotのユーザーネームを変更します(2時間に1回変更できます)
!setnick <名前> 指定した名前にbotのニックネームを変更します(こちらは無制限に変更できます)
!disconnect botをVCから切断させます
!restart botを再起動させます
!shutdown botを終了させます

 

その他

ニコニコ動画の動画音声を再生させる方法は以下のページをご覧ください。

もし何かわからないことがありましたら、くにまりとあそぼうサーバーまでお越しください。

以上です。