【Discord】最新版Python版音楽bot(Musicbot)を導入する方法


ニコニコ動画を再生したい場合は、追加で設定が必要です。設定をする方法はこちらになります。

Musicbotを起動してみる

⑨ 本体のアップデートをする

早速起動してみたいところですが、まずは本体のアップデートをする必要があります。

MusicBotフォルダの中の「update.bat」をダブルクリックします。

アップデートが始まります。「Should we try resetting the repo?」と聞かれたら、「y」を入力しEnterを押します。

このようにずらずらと更新進捗が表示されていきます。

Successfully installed~と表示されたら完了です。バツを押して閉じてください。

「”CHCP”は、内部コマンドまたは~」というメッセージが一瞬表示され、ウィンドウが閉じてしまう場合こちらをダウンロードし、batファイルを上書きしてください。

⑩Musicbotを起動する

いよいよです。Musicbotを起動してみましょう。

先程と同じ場所にある、「run.bat」をダブルクリックして実行してください。

コマンドプロンプトが立ち上がり、ずらずらと出てくるので起動するのを待ちます。

起動できたら、サーバー内ユーザーリストのMusicbotがオンライン(緑状態)になります。この状態で、まず自分がVCに接続し、チャットで「!summon」と入力し、Enterを押してください。

入力すると、自分が接続しているVCにMusicbotがやってきます。

試しに曲を再生してみましょう。

!play (再生したい曲の検索ワード)

これを入力して、送信してみてください。

無事再生できたらOKです。これで音が出ない・接続できない等あったら、もう一度設定を確かめてみてください。

⑩ サーバー内のメンバーが自由に操作できるようにする

この設定では、自分以外のメンバーが曲を追加したり、スキップしたりすることができません。そこで、Permission(権限)の設定をする必要があります。

先ほど設定したconfigフォルダの中にある、example_permissions.ini」を右クリック→Edit with Notepad++で開いてください。

このように開いたら、80行目~の「MusicMaster」を探してください。

この「GrantToRoles」に、役職のIDを書くことで、曲を自由に追加・スキップすることができるようになります。

まずは、botを操作できる役職を作ってください
そして、操作可能にしたいメンバーに役職を付与します。このとき、「この役職に対して@メンションを許可する」にチェックを入れておいてください。
ここでは、memberという役職を作りました。

次に、どのチャンネルでも良いので以下のように入力してください。

IDを取得する
\@(役職名)

(\はDiscordで入力すると半角のバックスラッシュになります。環境によっては円マークに見えるかもしれません)

今回の例では以下のようになります。

これを入力したら、Enterを押して送信してみてください。
表示が変わり、IDが表示されます。

この数字の部分だけをコピーしておいてください。

IDがコピーできたら、example_permissions.iniに戻り、81行目を書き換えます。

「; 」を削除し、=のあとに半角スペースを入れ、IDを貼り付けてください。

最終的にこのようになっていればOKです。

変更できたら、ファイル→名前をつけて保存を押してください。

先程と同様に、「example_」を削除して、「permissions.ini」という名前で同じ場所に保存してください。

保存できていたら成功です。

できたら、Musicbotを再起動させます。
Musicbotを !shutdown コマンドで終了させ、もう一度⑨の手順でMusicbotを起動させてください。

無事サーバー内のほかのメンバーからのリクエストが再生できたら、設定成功です。もし再生できないようでしたら、IDを取得する段階からやりなおしてみてください。


以上でMusicbot起動までの説明は終了です!長い間お疲れ様でした!!

使い方の記事はこちらになります。

ニコニコ動画を再生したい場合は、追加で設定が必要です。設定をする方法はこちらになります。

もしこれまでの説明でよくわからない・うまく動作しない部分がありましたら、お気軽にDiscordサーバーのお問い合わせチャンネルまでお越し下さい。