【Discord】最新版・音楽bot(MusicBot)を追加する3つの方法

くにまりです。

みなさんは、音楽bot(Music bot・以下Musicbot表記)を知っていますか?Discordを使っている方で、比較的大きなサーバーに入っている方は、もしかしたら見たことがあるかもしれません。自分のサーバーにも、自分で導入したものが毎日動いています。

音楽bot(Music bot)とは?
Musicbotとは、Discordのサーバー内で通話しているときに、YouTubeやSoundCloud、その他音楽ファイルなどから音楽をボイスチャット(VC)内に再生してくれるbotです。多人数と音楽を同時に聴くことが出来て、盛り上がる機能です。

 

しかし、Musicbotを導入したい!という人でもわかりやすい説明のものがなかったり、最新ではなかったりするのがあるので、簡単な方法も含めていくつかまとめておきたいと思います。


Musicbotの導入・3パターン

① 有志の方が運営しているMusicBotを導入する

初心者や、Discord始めたての方、スマホをお使いの方にはこれが一番オススメです。

有志の方がボランティアで管理・運営してくださっているもの(パブリックボット)を導入する方法です。

一番有名なものが「Rythm」というMusicbotです。

これについては解説記事を書いたので、以下をご覧ください。

メリット
・導入がめちゃくちゃ簡単。スマホでも導入できる
・自分で管理しなくて良いので楽
・動作が速い
デメリット
・一つのbotをたくさんのサーバーで共有しているので、動作が重い時がある
・botが動いていないときもある

 

② 自分のPCでMusicBotを動かす

自分のPCでMusicbotを起動し、自分のPCからVCに音楽を送り込みます。

個人的にオススメしているのはJava版のMusicbotです。これについての導入記事はこちら。

Java版の他にPython版がありますが、こちらは導入が少し大変だったり、キャッシュを溜め込んで遅くなりやすいという欠点があるので、まずはJava版を試してみてください。

Python版のMusicbotのインストールはこちらを御覧ください。

メリット
・インターネット回線によるが、安定している
・自分でMusicbotを管理することができるニコニコはクソ
デメリット
・導入や管理が大変
管理者のPCでMusicbotを起動していないときは使えない(超重要)

 

③ VPSサーバーを借りてMusicBotを動かす(24時間常駐させる)

自分はこの方法でMusicbotを動作させています。VPSを使えば24時間365日連続稼動させることができます。自宅のPCをつけっぱなしにすればそれでも可能ですが、通常の家庭用PCではそんなに長く耐えられないので、こちらの方法をとります。

この方の記事が参考になると思います。

自分もTime4VPSというリトアニアのサーバーを借りて、月額2.99ユーロで常時稼働させています。近々これについての記事も書こうと思います。

 

メリット
・24時間365日連続稼動が可能
・VPSサーバーは(プランによって)高性能なので、自宅PCよりも動作が素早い
デメリット
・有料
・導入や管理が大変

 


まとめ

以上です。何かわからないこととかありましたら、「くにまりとあそぼうサーバー」で聞くか、Twitter @kunimaly まで連絡をお願いします!